【福岡・糟屋郡・新宮町の整体】福岡市「福工大前駅」近くの背骨・骨盤矯正専門の完全無痛整体 | 頭痛・首や肩の痛み・背中の痛み・腰痛・足の痺れ

膝痛の症例

頭痛の症例 めまいの症例 首痛・首こりの症例
肩の痛み・肩こりの症例 手・腕の痛み・痺れの症例
背中の痛み・痺れの症例 腰痛やヘルニア等、腰関連全般の症例
坐骨神経痛や足の痛み・痺れの症例 股関節痛の症例 膝痛の症例

膝痛の症例集

膝痛の改善報告集

当院はこのような症状に実績があります

  • 歩いたり階段の昇り降りで膝が痛くて辛い。
  • 膝が痛くて仕事が満足にできない。
  • 病院では手術をすすめられたけど、できるだけ手術はしたくない。
  • 痛みを何とかしたいけど、どうして良いのかわからない。
  • 痛くて動くの辛い。
  • 痛み止めもほとんど効かない。
はじめての方へ
当院の特徴
施術の流れ

解説イラストは裸のモデルを使用していますが、実際は服を着ての施術です。

症例17

患者

女性 60代

来院

2017年1月

症状

主訴は、先天性股関節脱臼による股関節痛、膝痛、腰痛、首〜肩にかけての痛み。生まれつき股関節が悪く当時「先天性股関節脱臼」と診断、9才(約60年前)の時に手術をし以降ボルトで右股関節は固定されている。常に痛みがあり、特に階段の昇降に強い痛みがある。右股関節が曲がらないことから歩行に問題が有り、椅子の有無に関わらず座ることが困難な状態。膝痛も長く悩んでおり5年前にバイクでこけて8針縫ったことをきっかけに悪化。股関節と同様に階段の昇降・歩行時にも痛みがある。腰痛の症状は、特に朝方や座った状態から立つ時に激しい痛みがでる。10年以上前から症状があったが、2ヶ月前から痛みが強くなった。数年前に整骨院で「背骨が曲がっている」と言われたとのこと。首と肩にも全体的に痛みがある。特に首の痛みが強く、首を左右み回旋する時に痛みを感じる。

症例17

施術内容と経過

TRLR1〜3、C2R、TSR5、PTRR3の指標に異常有り、体幹は大きくCの字、背骨はゆるやかなM字、ASISは2.4cm程左が上方にある。右股関節がボルトによる固定の為、右脚はほとんど曲げることができない。(後ろには曲がるが前には曲がらない。)また曲げようとすると強い痛みを感じる。施術は背骨・骨盤を中心に行っていった。3度目来院時には股関節の痛みが無くなり違和感を感じるまでに軽減し膝痛も軽くなる。4度目の来院時には肩の症状が消失、5度目の来院時には腰の症状が10→1.2程と軽減。7度目で股関節と膝の症状が完全に消失し9度目で腰と首の症状も消失した。その後メンテナンスで16回通院した。(2017年8月時)

施術に使用した技

DRT クラニアル 腰背部筋弛緩法(応用) 上腕回転筋弛緩法 変形体幹揺動牽引法 頚椎筋弛緩法 後頭部揺動牽引法

考察

生まれつき股関節が悪く、幼少期に手術で固定されたことにより股関節の動きと姿勢や動作が制限され、結果として背骨・骨盤が各症状へと繋がっていったと思われる。約60年前の手術によるボルトで物理的に固定されてしまっている以上、股関節の制限を解除することは難しいが、しっかりと背骨・骨盤を調整し身体が正常な状態を維持できるようになるにつれ症状は改善へと向かった。

 

症例16

患者

男性 10代

来院

2016年8月

症状

主訴は、腰痛・股関節痛・膝痛。来院時高校1年生の学生さんで中学の頃から陸上部に所属している。1ヶ月前に腰が痛くなるようになり、整形外科や整骨院に行っても治らなかった。痛みを我慢して過ごしているうちに右股関節に痛みが出るようになったのが半月前。1週間前には右の膝も痛むようになった。どの症状も部活の終わりに強く痛みがでる。膝は特に痛みが強く歩いたり走ったりするのも痛い。朝起きた時に強く痛みがでてなかなか起きられない。

症例16

施術内容と経過

検査ではTR1、C2、K、TSR5、PTRR1、PTRLR1の指標に異常あり、ASISは2.2cm程の左右差、体幹は筆記体のVに似た感じに、背骨はゆるやかなM字の状態になっている。背骨・体幹・骨盤の歪みが大きく、そこをメインに施術を進めていく。施術後、全体的に痛みが軽減したが2度目来院の前日に少し無理をして痛みがでてくる。3回目来院時には腰と股関節の症状が消失、膝の症状も部活後のみの痛みまでに軽減。4度目の来院では、残る膝の症状も完全に消失した。ご本人と親御さんが今後のメンテナンスを強く希望されたが、遠方での寮生活のため継続通院を断念。

施術に使用した技

DRT クラニアル 筋ウェーブ法 腰背部筋弛緩法+応用 変形体幹揺動牽引法 頚椎筋弛緩法 後頭部揺動牽引法 筋ポンプ法

考察

背骨・骨盤の歪みが肩・首・足の筋肉を拘縮させ、それが長期化したことで各症状へと繋がっていたのだろう。このことは指標にもしっかりとでてきている。背骨・骨盤を調整し指標がクリアになり、その状態が維持できるようになるにつれ腰痛・股関節痛・膝痛からの回復へと繋がった。余談であるが、その後大会にも出場し元気に活動できているとのこと。

 

症例15

患者

男性 30代

来院

2015年6月

症状

主訴は、右首の痛み・右肩の痛み・腰痛・膝痛。右首と右肩は1年ほど前から痛みがでるようになり、当時は1日に1.2回痛みがでるのみであったが、現在は常に痛みを感じている。特に右肩の痛みが強く、腕を大きく動かそうとすると強い痛みを感じる。腰痛は5年前から悩んでおり、それまでに年1のペースでぎっくり腰を繰り返していた。悪化していっている自覚があり、3日前から痛みが強くなり歩くことも辛くなった。特に腰を前にかがめる時と戻す時に激しい痛みがでる。両膝にも痛みがあり、こちらは高校生の頃から続いているとのこと。主に走ったり階段の昇り降りで痛みを感じているが、夜には何もしてなくても痛みを感じ、痛みで眠れない日々が続いている。

症例15

施術内容と経過

体幹は緩やかなV字、ASISは2.5cmの左右差がある。右肩が左肩に比べて約5cm上方にありかなり大きく歪んだ状態。背骨はS字というよりWに近く、背面は全体が過緊張状態で鉄のように固くなっている。施術は最も大きな歪みとなっている骨盤・肩を中心に全身を行う。2度目の来院時には、腰をかがめた時と戻す時の痛みが消失し右首の痛みも無くなる。3度目の施術後から膝の痛みが軽くなり、夜眠れるようになった。4度目の来院で腰、5度目の来院でそれまで残っていた肩と膝の痛みが消失した。その後メンテナンスで11度来院。

施術に使用した技

背面片足牽引法 足関節回転法 筋ウェーブ法 腰背部筋弛緩法 体幹揺動牽引法 上腕回転筋弛緩法 挙上揺動牽引法 頚椎筋弛緩法 後頭部揺動牽引法 運動制限変位法

考察

肩は1年前、腰は5年前からであるが、膝の症状が高校生の頃からだということ、加えて怪我や事故では無かったということから症状の大元は10年以上前から身体にでてきていたのだと思われる。人は身体の一部に痛みを感じるようになっただけでも、それを庇う動作を無意識に行うことで、他の箇所に新たに歪みを作り新たな症状がでてくることは珍しくない。今回、大きく歪みとなっていた肩・骨盤をメインに全身をしっかりと調整していくことで症状からの回復へと繋がった。

 

症例14

患者

女性 60代

来院

2016年4月

症状

主訴は、右膝とその周辺の痛み、腰に違和感と重みがある。職業柄身体を動かす機会がとても多い。仕事中、歩行時、階段の昇降でビリッとした痛みが右膝にでる。調子の良い時は重い感じがでてくるのみだが、身体が疲れてくるにしたがって痛みがどんどん強くなる。腰は常に違和感と重みがあるが痛みはない。本人に自覚症状は無いが美容室で肩こりがあると指摘されるとのこと。

症例14

施術内容と経過

検査では、TRR、C2、PTRR、Kの指標に異常があり、体感は逆S字、背骨はT7を折り返し点として浅くV字を描いている。ASISは約2.2cmの左右差。施術では、背骨調整をメインに行い同時に骨盤も調整していく。背骨を調整した段階で膝の指標が10→0に変化。3度目の来院時には腰の痛みが消失。膝はしゃがむと痛みがでるが、歩行時や階段の昇降時の痛みは無くなった。5度目の来院時には膝の痛みが消失、違和感がわずかに残るまでに改善した。

施術に使用した技

技DRT クラニアル 腰背部筋弛緩法 体幹揺動牽引法 頚椎筋弛緩法 変形体幹揺動牽引法

考察

膝の痛みの原因は膝ではない可能性が高い。今回の場合も背骨・骨盤が歪んだことにより肩・首の筋肉が拘縮し、それが腰〜膝へと影響を与えていたのだと思われる。痛みの大元の原因である背骨をメインに施術をしていくことで改善・軽減していった。

 

症例13

患者

女性 30代

来院

2015年6月

症状

18歳の時から両肩と首にコリを感じている。来院時第二子産後8ヶ月であるが、産後から毎日頭痛の症状があり、痛み止めを毎日飲んでいる。同じく産後から胸が苦しい状態が続いており、呼吸もし辛くきつい。腰も産後から痛みがあり、尾骨周辺にも強い痛みがある。歩く時や走る時に左膝に痛みがでてくる。特に雨の日は痛みが強い。両足の膝から下に重さとだるさがあり、こちらの症状も産後からでてきた。
症例13

施術内容と経過

ASISの左右差2.1cmで右側が上方、体幹は浅いM字、背骨は逆S字を描いている。症状のわりにASISの差は浅めだが、体幹と背骨の歪みは強い。施術は背骨と骨盤をメインに行い、所々の過緊張が強いことから身体に脱力を与えていく。初診施術の翌日には腰の痛みが消失、2度目来院の前日に少し痛むまでに軽減。頭痛も2日に1度のペースに軽減した。2度目の施術後1週間に2度痛み止めを飲むまでに軽減。3度目の施術後腰痛と膝の痛みが完全に消失。5度目で苦しかった呼吸も楽な時と苦しい時が半々になり、首と肩のコリが改善。6度目以降呼吸の苦しさがなくなる。9度目の施術以降頭痛も消失した。膝から下のだるさ・重さは気がつけば無くなっていたとのこと。以降メンテナンスで36回通院継続。(2017年2月時)

施術に使用した技

DRT(※2016年1月以降) クラニアル(※2016年1月以降) 背面片足牽引法 足関節回転法 筋ウェーブ法 腰背部筋弛緩法 体幹揺動牽引法 挙上揺動牽引法 頚椎筋弛緩法

考察

産前・産後の方に最も多いパターンで、元々背骨・骨盤に歪みがあったところに、女性に起こる産前と産後にホルモンバランスが乱れが、症状の悪化・発症へと繋がったと思われる。特に女性は産前・産後・更年期のタイミングでホルモンのバランスが大きく乱れることからいろんな症状がでてくることが多い。でも、それも背骨・骨盤がきちんと調整され体液・神経伝達が正常な状態になると身体もきちんと改善していく。このことに今後もしっかりと目を向けて施術を行っていきたい。

 

症例12

患者

女性 70代

来院

2016年11月

症状

主訴は、首と肩のコリ、腰痛、膝痛。まだ現役で働いていた頃から症状があり、特に腰はどんどん痛みが強くなって、数日前に起きあがれない程の激痛になった。これまで整骨院・整体・鍼灸と行っている。来院2日前にも整骨院に行ったが施術後に激痛になり施術ベッドから起きあがれなくなり、「営業妨害ですよ」と言われたとのこと。膝にも症状があり、階段の昇り降りだけじゃなく、歩くだけでも痛みがあり辛い。娘さんの紹介で当院に来院。
症例12

施術内容と経過

TRLR1~3、C2R、TSR3.4、PTRRの指標に異常あり、体幹は逆S字、背骨はS字、骨盤の左右差は2.5cm程左側が上方にある。施術は背骨と骨盤メインで行った。初診の翌日に左側の腰痛が消失、右は残る。3度目の施術後、首・肩の症状が消失、長時間歩いた時に腰に痛みが若干でるものの、立つ・座る・起き上がる等の動作での腰痛が改善。4度目の施術以降膝の痛みが気にならなくなったとのこと。8度目の施術から2日後には腰の症状も完全に消失した。

施術に使用した技

DRT クラニアル 筋ウェーブ法 ポンプ法 腰背部筋弛緩法 変形体幹揺動牽引法 頚椎筋弛緩法

考察

多くの場合と同様、背骨・骨盤の歪みが体液の循環・神経伝達を悪くさせたことで首・肩の筋肉が拘縮。その状態が腰へ影響し、腰椎3番が拘縮したことで膝へと負担をかけていたと言える。大元の原因となる背骨・骨盤を調整していくことで、首・肩の筋肉の拘縮が解け、各症状の改善へと繋がった。

 

症例11

患者

女性 50代

来院

2016年6月

症状

仕事中、首と背中に痛みがでてくる。朝起きると少し楽になっているが、昼前あたりから痛みが出始めどんどん辛くなる。腰痛は何十年も前から引きずっており、去年だけでもぎっくり腰を3度繰り返している。来院当時そろそろぎっくり腰になりそうな感じとのこと。左股関節痛の症状もあり、5年前から5分程歩いただけでも痛くなってきた。病院では「変形性股関節症」と診断された。左膝は、歩行や屈伸運動で強い痛みがでる。階段の昇り降りも辛い。24.5歳の頃に膝の靭帯を切った経験がある。
症例11

施術内容と経過

検査では、TRLR1~3、C2R、KL、PTRL1の指標に異常有り。骨盤の左右差2.5cm、左が上方。肩は左肩が大きく上がっており、背骨はS字状態。施術は、背骨と骨盤を中心に行い、応用で膝・腰を緩めていく。施術後翌日に腰に痛みがでたが、翌々日には腰の症状が消失、首と背中もダルさは残るものの痛みは消失。左膝と左股関節は朝の痛みがなくなる。3度目の施術以降背中のダルさ、5度目の施術以降首のダルさが消失。6度目の施術の翌日に左股関節の症状、7度目の施術後左膝の痛みも解消した。疲労が溜まった時のみ腰の症状がでてくることもあったが、ポイントとなる部分をお伝えすることで解決した。

施術に使用した技

DRT クラニアル 足関節回転法 筋ウェーブ法 腰背部筋弛緩法 上腕回転筋弛緩法 体幹揺動牽引法

考察

背骨の歪みが首・肩の筋肉を拘縮、その重さ固さが腰へ影響し何十年も続いている腰の痛みを庇うことで、股関節と膝の症状を引き起こしていたと思われる。背骨を調整していくことで首・肩の筋肉の拘縮が解け、その状態が安定してくることで各症状の改善へと繋がった。

 

症例10

患者

男性 30代

来院

2015年6月

症状

右腕が腱鞘炎になり痛み止めで誤魔化していたが、年末から痛みが強くなり仕事道具が持てなくなった。右肘は最近では触るだけでも痛む。3年前から腰痛が続いていて、これまでぎっくり腰を3度繰り返している。数年前から左足の膝下から踝にかけて痺れがでるようになってきて、1年程前から常に痺れがでるようになった。両膝の裏にも痛みがあり、痛みは右が強く両膝裏とも特に動かしてなくても痛い。
症例10

施術内容と経過

骨盤の左右差が2.5cm、左側が上方。体幹・背骨ともに逆S字を大きく描いている。背骨・骨盤をメインに全体を調整しつつ、腱鞘炎の症状を引き起こしている腕の二骨間と筋肉に対して調整を行う。初回施術後の夜、膝裏の痛みが強くなったが、翌日には軽くなった。3度目の施術後足の痺れが消失、4度目の施術翌日から腰と膝裏の痛みが消失した。腱鞘炎の症状も軽くなり、痛みはあるが道具が持てるようになる。仕事が忙しくなり計7回までの通院となったが、残る腱鞘炎の症状も小さな痛みが残るまでに軽減。肘の痛みは気がついたら無くなっていたとのこと。

施術に使用した技

背面片足牽引法 腰背部筋弛緩法+応用 筋ウェーブ法 体幹揺動牽引法 頚椎筋弛緩法 二骨間 筋ポンプ法

考察

背骨・骨盤ともに歪みが大きく、健康上重要な肩の筋肉が拘縮。その固さと重さが腰と足に影響。加えて、肩の負担が許容量を超えて腕に腱鞘炎として症状が現れたと思われる。大元となっている背骨を調整、+腕の緊張を解いていくことで各症状は改善・軽減へと向かった。

 

症例9

患者

男性 50代

来院

2013年11月

症状

主訴は、右肩の痛み・肩こり、背中の痛み、右膝の痛み。右肩は動かすと付け根のところがビリっと電気が走るような痛みがでる。不意に机に指先があたったりした時のわずかな衝撃でも同様に痛みを感じる。肩は常に重い肩こりを感じる。背中に痛みを感じており、たまに痛くない時は重みを感じるとのこと。右膝は歩行では問題ないが、階段の昇降で痛みがでる。来院半年前まで整骨院に通っていたが、なかなか改善しなかったことから娘さんからの紹介で来院。
症例9

施術内容と経過

骨盤は2.7cm程の左右差があり、左側が上方にある。背骨も大きくS字。肩の痛みの原因は肩ではない可能性が高い。施術は重要な背骨を中心に行った。2度目の施術の翌日には全体的に痛みが軽くなる。3度目の施術後、右肩は1週間痛みを感じないまでに改善、膝の痛みも同時に消失。5度目の来院時には背中の重みと痛みが改善し、9度目には肩の痛みも消失。計11度来院した。

施術に使用した技

背面片足牽引法 腰背部筋弛緩法 上腕回転筋弛緩法 挙上揺動牽引法 頚椎筋弛緩法 運動制限変位法 筋ウェーブ法

考察

背骨が歪むことで、肩・首の筋肉が拘縮、その状態を長く続けてしまったことで肩に痛みに、その固さ重さが背中へ負担をかけていたと思われる。腰に症状は無かったが、肩の固さが腰にも負担をかけており腰椎3番がロックしたことで膝痛へと繋がったのだろう。大元の原因である背骨を調整していくことで、症状改善へと繋がった。

 

症例8

患者

女性 60代

来院

2013年7月

症状

主訴は、肩・首・背中の痛み、腰痛、お尻から太腿にかけての痛み、膝痛。肩の痛みはもうずいぶん前からあり左肩の方が強め。首から背中にかけて、突っ張る感じと合わせて痺れるような強い痛みがでる。40年前から腰に痛みがあり、当時病院で検査をしたところ椎間板ヘルニアと診断された。腰の下、お尻から両太腿にかけて痛みがあり、特に夜と朝に激しい痛みがでてくる。椎間板ヘルニアと診断されて以来、両膝にも痛みがでるようになった。整形外科・整骨院・整体院といろいろなところに行ったが、なかなか完治しなかったことから来院。
症例8

施術内容と経過

骨盤の左右差が3cm程と大きく、左側が上方にある。体幹はC字とS字の中間のような感じ、背骨は大きく逆Cを描いている。特に腰から下の筋肉が過緊張状態。施術は、背骨・骨盤をメインに、その後全体を緩めていった。1度目の施術の翌日には両太腿の痛みが軽くなる。4度目の来院時には両太腿の痛みと首痛が消失し膝の痛み、腰、お尻の痛みが半分程に軽減。7度目の施術の翌日には腰とお尻の痛みが消失し、背中・肩の痛みが気にならなくなる。11度目の来院時に膝の症状が消失。計15回来院し全ての症状が消失した。

施術に使用した技

背面片足牽引法 足関節回転法 腰背部筋弛緩法 体幹揺動牽引法 挙上揺動牽引法 後頭部揺動牽引法

考察

全体的に身体の歪みが強く、歪みから各筋肉が固く過緊張になり、症状へと結びついたのだと思われる。40年前に腰痛・椎間板ヘルニアになった後、その痛みを無意識に庇うことでさらに歪みを作り、膝・背中・肩の症状へと繋がったのだろう。根本となっている背骨、そして姿勢に目を向けていくことで身体は改善へと向かった。

 

症例7

患者

男性 30代

来院

2014年9月

症状

主訴は腰痛と膝痛で、腰は全体が痛いが右の方が痛みは強い。常に痛みはあるが、特に前屈みの姿勢や椅子から立ち上がる時、寝起きに強い痛みがでる。高校時代にぎっくり腰になり、それ以降症状が続いているとのこと。ぎっくり腰は高校時代に1度、大学時代に1度経験がある。膝は普通に歩いたり、階段を昇り降りすることで右膝に痛みがでる。7年前に椎間板ヘルニアと坐骨神経痛と診断され手術の経験がある。その時、痛みは無くなったが、すぐに痛みが再発。年々悪化している実感があり、今回根本からの改善を希望で来院。
症例7

施術内容と経過

骨盤の左右差は2.5cm程、右側が上方にある。背骨は、SというよりゆるやかなM字の状態。肩から足にかけて全身がガチガチになっている。3度目の施術以降、腰に重い感じが残るものの痛み自体は感じないまでに改善。6度目の施術の翌日から膝の痛みが消失。8度目の来院2日前に肩に痛みがでてきたが、施術後には改善。9回目の来院時には残る腰の重みも改善した。以降転勤になる27回目までメンテナンスで来院。

施術に使用した技

背面片足牽引法 足関節回転法 腰背部筋弛緩法 体幹揺動牽引法 頚椎筋弛緩法 運動制限変位法 DRT(※24回目以降)

考察

背骨、骨盤が歪むことにより肩・首・足の筋肉が拘縮し、それが腰と膝へ負担がかかっていたのだろう。これはわりと良くある話で、膝痛の原因が腰椎の3番にあることが多い。背骨・骨盤が整うことで腰と膝が改善・軽減されていき、それまで腰と膝の痛みにフォーカスしていたことで隠れていた肩の痛みが出現。だが、背骨・骨盤が整ってきていることでその肩も瞬時に改善。基盤がしっかりとできたことで、残る症状も改善へと向かった。

 

症例6

患者

女性 30代

来院

2015年2月

症状

2年ほど前から、腰からお尻にかけて痛みがでるようになる。左右に痛みはあるが、右の方が痛みは強い。両股関節に痛みがあり、足の上下で強い痛みがでる。寝起きや床に座っている時から立つと痛みが強くしばらく動けない。股関節の痛みのため足を組む姿勢がとれない。半年程前から小走りもできなくなった。寝がえりの際に強い痛みがでることから、夜あまり眠れていない。左太腿にも痛みがあり、階段を昇ろうとすると強い痛みになるため昇れないとのこと。左の膝の痛みは歩行するだけで痛みがあり、車を運転していると左足の膝から下が痺れてくる。学生時代バスに乗っていた時は右足だったとのこと。2.3日に1度強い頭痛がでてきて、痛み止めを飲むがあまり効果がない。自己流の足を開くストレッチをしているが、身体がなかなか治らず逆に悪化していると感じることから来院。
症例6

施術内容と経過

骨盤の左右差が3cm程、左が上方になっている。背骨は逆S字を描いていて下半身がかなりガチガチな状態。うつ伏せで左股関節に痛みがでることから、うつ伏せは行わず、仰向けで全ての施術を行った。2度目の来院時には、腰の痛みが半分程に軽減、左膝も少し楽になったとのこと。4度目の来院時には右腰の痛みが消失、左腰は重い物を持った時のみ少し痛むまでに。この時、左膝痛と左足の痺れも改善。計7度来院し、腰の痛みはほとんど感じない、股関節痛は朝一と仕事後に多少感じるまでに改善し、激痛で動けなくなることはなくなった。頭痛の症状は3度目の通院以降きていない。ご本人に継続通院の意志があったが、ご家族の理解が得られなかったことで7回までで通院を断念することとなった。

施術に使用した技

背面片足牽引法 足関節回転法 腰背部筋弛緩法 筋ウェーブ法 体幹揺動牽引法 挙上揺動牽引法

考察

骨盤の歪みが3cmと大きく、合わせて背骨にも大きな歪みがあったことから、背骨が歪んだことで筋肉が拘縮し、その状態が腰に影響、そのまま下半身にも影響を与えていたのだろう。残念ながら7回で施術が終了してしまったが、背骨と骨盤が整ってくるのと同時に、各症状が改善・軽減されていった。

 

症例5

患者

男性 60代

来院

2015年3月

症状

46年前から腰痛があり、これまでぎっくり腰を10度程繰り返している。右のお尻から膝上にかけて側面にキリキリする強い痛みがあり、6年前に検査した時はAの病院で「坐骨神経痛」、なかなか治らず別のBの病院で検査したところ「脊柱管狭窄症」と診断。右肩から肘上にかけても痛みがあり、膝痛も両膝に症状があり通常の歩行でも痛みがあり、日常生活がままならない。現在、右足と両膝の手術をすすめられているが、できるだけ手術はしたくないとのこと。来院時は、ほぼ毎日座薬と痛み止めを服用している。
症例5

施術内容と経過

骨盤の左右差が2.7cm、右側が上方。それに合わせて背骨は大きく逆S字、体幹はS字に歪んでいる。身体全体がガチガチの過緊張状態。施術は、背骨と骨盤を調整後、身体全体を緩めていく。2度目の来院時には両膝の痛みが消失、腰の痛みは全体→右に移る。4度目の来院時には、右足と腰の痛みが消失。右腕は動かした時に右肩の三角筋が痛むまでに改善。5度目の来院時には全ての症状が消失した。

施術に使用した技

背面片足牽引法 足関節回転法 筋ウェーブ法 腰背部筋弛緩法 体幹揺動牽引法

考察

身体の歪みが大きく、かなり以前から症状があったところに、適切な対処ができる病院・整骨院・整体が無かったことから、どんどん身体が悪くなってしまったケースと言える。やはり重要なのは背骨と骨盤であり、この部位が整ってくるのと同時に各症状も改善・軽減されていった。この重要性に今後も目を向けていきたい。

 

症例4

患者

女性 30代

来院

2014年4月

症状

来院2日前にぎっくり腰になり来院。普段から腰痛の症状があったが、痛みも軽く休息をとることで楽になっていたが、4.5ヶ月程前から痛みが強くなった。膝痛の症状も以前からあり、5年前に手術をしたことで痛みはなくなったが、半年程前から症状が再発。階段の昇り降りが辛くなってきた。立ち仕事と座り仕事が半々の割合の職場とのこと。ズンとした肩こりの症状もある。
症例4

施術内容と経過

検査では、骨盤に2.7cm程の左右差があり右側が上方。背骨は大きくC字を描いていて背中全体が過緊張状態。施術は、骨盤と背骨を中心に全体を行う。施術2日後にはぎっくり腰の症状が消失し、腰痛は残るものの普通に生活できるようになる。3度目の来院時には腰痛の症状が消失。5度目の来院時には膝痛と肩こりが改善。

施術に使用した技

背面片足牽引法 足関節回転法 腰背部筋弛緩法 上腕回転筋弛緩法 体幹揺動牽引法 挙上揺動牽引法 頚椎筋弛緩法

考察

背骨・骨盤が歪んだことにより腰に負担がかかり、身体の許容量を超えてぎっくり腰の症状がでてきたと思われる。膝痛の原因は腰にあることが多く、腰が改善することで膝痛の症状が改善。背骨と骨盤が整ったことにより肩こりも改善した。

 

症例3

患者

女性 80代

来院

2016年6月

症状

10年前から膝に強い痛みがあり、歩くこともままならない。痛みは右膝が強いが、左膝の方が伸びない。整形外科で週2のペースで3年程リハビリを続けているが、症状が軽減・改善しないことから娘さんの希望で当院に来院。20年前に半月板手術の経験がある。両手に痺れがあり、痛みはないが左の方が痺れは強い。両足にも痛みがある。高血圧、C型肝炎の薬を服用している。
症例3

施術内容と経過

検査ではTRLR1、C2R、TS3.4、PTR1.3に異常有り。合わせて骨盤の左右差2cm、背骨もS字状態。膝周辺と膝裏はガチガチ。施術後指標はオールクリア。4度目の来院時には左膝が少し痛いまでに軽減。家庭の事情から7度まで来院し、左膝の痛みが改善。右膝は半分程に軽減。足の痛みと痺れは、多く歩いた時のみ症状がでるまでに軽減した。

施術に使用した技

DRT 足関節回転法 筋ウェーブ法 腰背部筋弛緩法 体幹揺動牽引法 ポンプ法 頚椎筋弛緩法 後頭部揺動牽引法

考察

背骨の歪みが大きく、そのことで肩・首の筋肉が固くなり、その固さと重さが腰に影響、腰椎3番がロックしたことで膝に症状がでてきたのだろう。このことは指標にも現れている。10年という長く古い症状であること、家庭の事情から限られた回数しか施術できなかったが、根本原因となる背骨に注目し施術することで症状軽減へと繋がった。

 

症例2

患者

男性 20代

来院

2015年10月

症状

1年前から腰痛が続いていて、前日から左の太腿~膝上にかけて激しい痛みが出たことで来院。膝の皿部とその周辺ににも痛みがある。2ヶ月前までデスクワークだったが、現在は卸業とのこと。半年前にぎっくり腰になった経験があり、仕事中に肩こりと首こりがかなり辛くなる。足の痛みが強く痛み止めを飲まないと眠れない。
症例2

施術内容と経過

足の痛みのわりには骨盤は大きく歪んでいなかったが、背骨は大きく弓なり状に歪んでおり、首~背中~腰~お尻周辺の筋肉はガチガチになっている。2度目の来院時には膝の痛み消失。4度目の来院時で腰痛と肩こり・首こりが消失。足の痛みも痛み止めを飲むことなく眠れるようになった。6回目には長時間座った時のみの痛み。11回目で痛みは完全に消失した。

施術に使用した技

筋ウェーブ法 背面片足牽引法 足関節回転法 腰背部筋弛緩法+応用 上腕回転筋弛緩法 体幹揺動牽引法 挙上揺動牽引法 頚椎筋弛緩法

考察

背骨の歪みに比べて骨盤の歪みが比較的小さかったことを考えると、背骨の歪みが首・肩にダメージを与え、それが腰と足へ負担をかけていたのだと言える。背骨を歪ませる姿勢にも注意し、この状態を維持することが何より大切。

 

症例1

患者

女性 30代

来院

2015年5月

症状

来院11ヶ月に腰を捻った状態で立ち上がろうとしたことからぎっくり腰になり、その後治らず左右の足の痺れと痛みが強くなった。病院で検査したところ椎間板ヘルニアと坐骨神経痛で椎間板が左側にでていると診断。7ヶ月前に手術をしたが痛みは軽減されず、両足の坐骨神経痛の症状が悪化しお尻と足の横にも痛みがでてくるようになった。8ヶ月前から膝にも痛みがある。最近では左腕にも痺れがでてくるようになった。両肩に肩こりの症状もあり、特に左側が辛いとのこと。
症例1

施術内容と経過

骨盤の左右差が2.8cmとかなり強め。それに合わせて背骨も大きく歪んでおり、背中前面とお腹周辺、左右の足の側面はガチガチの過緊張状態。まず大事なのは背骨と骨盤、そして圧迫している神経と椎間板の解放。施術を重ねる内に変化がでてきていたが4度目の来院時には左右両足とお尻、膝の症状が改善、腰の痛みは少し残る。7度目の来院にて腰の痛みと、肩の症状が消失。9度目の来院の時点で左腕の痺れも改善。

施術に使用した技

背骨瞬間圧法 背面片足牽引法 足関節回転法 腰背部筋弛緩法+応用 上腕回転筋弛緩法 体幹揺動牽引法 挙上揺動牽引法 頚椎筋弛緩法 後頭部揺動牽引法

考察

ぎっくり腰~腰痛~ヘルニア・坐骨神経痛の最も多い例だと言えます。元々腰に負担があり、その負担が身体の許容量を上回ったことで腰の痛みへと繋がったと考えられる。背骨・骨盤を調整していくことで腰が改善し、腰が安定してきたことでそれに関連していた症状の改善へと繋がった。

 

患者様からの喜びの声


 

営業時間、TEL
住所、地図
メールでのお問い合わせ

投稿日:2017年3月30日 更新日:

Copyright© 【福岡 新宮町 整体】マッサージ師も通う『湊からだ回復センター』 , 2017 AllRights Reserved.